マタニティギフトメニュー 陣痛タクシーに申し込む
maternityStoriesロゴ

「Bétta tonton」オープン!おしゃれな店内を徹底解剖!

「Bétta tonton」プレオープニングパーティー

Bétta tonton

お買い物の時に困ることといえば…

青山、表参道といえば東京でも屈指のおしゃれスポット。 お出かけしておしゃれなショップを見たいけど、小さい子どもがいると、どうしても気になってしまうのがおむつ替えや授乳室…。

そんなママたちに救世主誕生!?

キッズスペース(tontonのおにわ)や授乳室、オムツ台を完備!お子様連れでも安心してゆっくりベッタの商品に直接触れて体験できるアンテナショップ「Bétta tonton」を株式会社ズーム・ティーが南青山にオープンしました。 6月9日に行われたオープニングパーティーの様子と共に「Bétta tonton」の魅力をお伝えします。

Bétta tontonってどんなお店?

表参道B3出口(エレベーター)から3分ほど歩いた赤レンガの建物が目印!大きなロゴが目に飛び込んできます。

Bétta tontonお店の外観

ロゴの後ろに丸太が見えますが… ショップに入ってすぐ右手、ここがキッズスペース(tontonのおにわ)なんです!

tontonのおにわ

tontonのおにわ1

中心がツリーになっていて海をモチーフとしたイカリやヒトデ、貝殻などがディスプレイされています。 中心のツリーは柱だったところに板を貼ってツリーに見立てたというこだわりのディスプレイ!

tontonのおにわ2

角で子どもたちが怪我をしないように丸太でカバーされています。 こういう細かい気遣いがあると、ママ達は安心して子どもを遊ばせられますよね!

tontonのおにわ3

壁には不規則な形の遊び心のある棚が設置されていて、tontonのおにわのために海外で買い付けてきたアイテム達がずらりとディスプレイされています。

落ち着く授乳室

授乳室1

入り口をまっすぐ進んだ突き当りの右手には授乳室。 ソファが2脚置いてあり、十分なスペースが確保されています。 少し証明が落としてあって赤ちゃんも落ち着ける空間になっています。 椅子には今回オリジナルで制作したというBettaのBマーク入りのクッション! こんなにくつろぎながら授乳できるスペースは表参道では中々ないのでは、と思います。

みなさんお待ちかね!ベッタの商品に直接触れて体験できるコーナーを紹介します

ベッタの製品体験コーナー

こんな感じで人気商品のブレインシリーズやシュガーウォッシュなどたくさんの商品が素敵にディスプレイされています。 棚の中にはベッタさんの商品だけでなく、お子様が楽しめるように随所におもちゃも隠されているそうです。

洋服

パステルカラーの可愛い洋服も並んでいました♪

What’s Betta?

たくさんある哺乳びんの中で「ドクターベッタ哺乳びん」は他とどこが違うの?そんな疑問をお持ちのママのために「ドクターベッタ哺乳びん」の秘密を大解剖!

ドクターベッタ哺乳びん

上体を起こした姿勢でミルクが飲めることで生まれる3つの利点

理想的な授乳姿勢は、ママのおっぱいを飲むときの姿勢だと言われています。ドクターが考案したベッタさんの哺乳びんは、起きた姿勢で飲ませやすいようにデザインされています。

  1. お耳にも安心
    赤ちゃんは大人に比べて耳管が太く短く、水平になっています。上体を起こした姿勢でミルクを飲むことで耳の病気を予防することができます。
  2. 誤嚥を防ぎます
    上体を起こした授乳姿勢は、ミルクが食道へと流れやすい最も自然な体勢です。飲み下す力の弱い赤ちゃんでもスムーズに飲めます。
  3. ゲップを軽減します
    カーブに沿って泡が逃げ、空気の飲み込みが減り、余計なゲップや吐き戻しを軽減。ミルクを充分飲ませられます。

いろいろ選べる乳首の形

ベッタさんの乳首は4種類あり、「弾力」と「吸い穴」という2つの観点からお子様に合ったものを選ぶことができます。

  1. 弾力
    弾力のある固めの「ブレイン乳首」と飲みやすいやわらかめの「スタンダード乳首」の2種類があります。
    ブレイン乳首は、もぐもぐと噛んで咀嚼しないとミルクが出てこない仕組み。あごを発達させたり、膵液の分泌を促して消化を助けたりする働きをするそうです!
    スタンダード乳首は、ミルクを飲むことを一番に考えて、簡単にミルクをごくごく飲めるように作ってあるとのことです。
  2. 吸い穴
    吸い穴は先端の丸い穴があいた「丸穴」と✕印に切り込みが入った「クロスカット」があります。
    丸穴は、先端に丸い穴があいていて、傾けると一定量ミルクが流れ出るようになっています。
    ミルクを舌に受けて「飲む」本能が目覚めるように作られているとのことです。
    クロスカットは、先端に✕印の切り込みが入っていて、赤ちゃんが吸うお口の動きに合わせて、切り込みが開き、ミルクが出るようになっています。
    自分のペースで工夫して飲むことができるようになるそうです。

デザインもたくさん。お気に入りのデザインは…?

今まで紹介してきた機能的な部分はもちろんのこと、ママが選んだり、持ち運んだりする時もわくわくするようなたくさんのデザインがあります!

ベッタ哺乳びん1

こちらは「ブレイン S3 - Tartan PPSU製哺乳びん」 2015年で20周年を迎え、21周年目となる年に、これまでの歴史をしっかりと心に刻みまた新たな気持ちで歩み始めたいという願いを込めて、昔から世界中で受け継がれてきている伝統的な柄、「タータンチェック」をボトルのデザインに採用して作られたものだそう♪

ベッタ哺乳びん2

スウェーデンを代表する陶芸家LISA LARSON ( リサ ラーソン ) とのコラボボトルも! 男の子と女の子を想像して、そして優しいママを想像して、その子に話しかけるようにデザインしたそうです。 数量限定でレアなボトルも「Bétta tonton」なら手に取って見ることができます。

ベッタ哺乳びん3

22年目を迎えた2017年のデザイン「Tassel」のボトルもありました♪ ボトルにはタッセルのデザインが入り、メモリは時計の針でデザインされています。 移り変わる歴史の中で生き続ける普遍的なものをイメージして制作されたそうです。 こちらのデザイン、大人っぽさもあり、私も思わず手にとって「かわいい!」と声を出してしまいました。

ママも子どもも一緒にくつろぎながらお買い物ができる時間を過ごせるスポット

「Bétta tonton」は、キッズスペース、授乳室、おむつ台など、ママ達にとってお出かけ時には必須ともいえるスポットを完備するだけでなく、キッズスペースの角の保護や子どもも楽しめるようにおもちゃを配置するなど、ママと子どもに対するたくさんの細やかなおもてなしが散りばめられた快適なスポットでした。 またベッタさんの哺乳びんの世界観と同じく、店内のインテリアやディスプレイが可愛く、ママ達にとってはそこにいるだけでテンションが上がっちゃう空間になっています! お出かけの際にはぜひ寄ってみて、ベッタの商品をお手にとってじっくり見てみてくださいね♪